FC2ブログ

I Love 我家の癒シニア犬

ラブラドールのベルは2016年に16歳5ヶ月でお空に引越し  ブログを引き継いで 今は ヨーキー わらびの あんな事やこんな事

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんちゅうやっちゃ!

朝晩メッキリ冷えてきた昨今 例年の如く この時期にもなると 

リビングから移動し そそくさと我々の寝室へやってくるお方あり!

暇犬 


もちろん 執事(ぱぱさん?)も自分の仕事を忘れてはおりませぬ (笑)

或る時は ベルの後に従い  又  或る時は ベルを先導し 

ベルのベッドを抱えて寝室へ



私が入浴し 寝室に入った時には 大抵 ベルは私のベッドに転がっている‥



「やっときた、待ってたワン」ってなもので 一応 上体をあげて待つけれど

“ドデン‥”と 取った その場所を 私の為にと動こうとはしない 

要は ダブルのベッドの3分の2は占領された感じ 

その狭い場所に 私はすべり込む



かと思えば ちょっとヒンヤリ程度の時は ベル用の自分のベッドで寝てたり

時々は フローリングで寝てたりも‥  本犬の体感の良い場所で転がっている

それでも 私がベッドに転がった途端に ノッソリとやってきて 

「ドッコイショ!」と ベッドに上がりこむ


そして 寝ている私の横に 

例によって例の如く 私の脚に向かって まずは腰の辺りに頭をつき

38キロはある重い身体を 私の身体に沿って落としていく


当然 ベルの寝姿は私の体の向きとは逆で ベルの足は私の顔の方に

しかも その後 おもむろに“へそ天”となり大股開き!に体勢を変える ‥



そうなると ベルの大事なところは 私の顔の 直ぐ斜め下あたりに

しかも厚かましく 撫でろとばかりに無言の催促?



しからば撫でて進ぜよう‥  


今は カラの袋と化したその部分? と その下辺りのフワフワの毛を撫でなでする

仰向けになってる所為で 鼻水が喉の方に回るのか 

「オエッ!」 だか 「クシュン!」 だか 何だか分からない咳?をしつつ

それでも そのまま平然と へそ天は続く ‥



そこまではいい‥  いいよ そこまでは!


けど、私の顔の 直ぐそばにある そこで 「PU! pupu pu~  ‥」

「モォーーー」 

それだけは堪忍してくでぇーーー 


ベルに時を選べ、我慢しろ! と言うのも 無理だけどね 



人間と一緒に寝るなんて! あるいは しつけが出来ていない! と 仰る方も

当然いらっしゃる事でしょうが 『主従』さえ シッカリしていれば‥と思う私

それに もう歳だしね 




少しずつ 老いは近づき 

「ヨッコラショ!」 と ベッドにのぼってくるベルを見つつ

いつまで こうしてベッドに上がれるだろう‥と 考える........................


眠い?


いつまでも 元気でいて欲しいなぁ~ 
 
スポンサーサイト



| ベル | 07:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |