FC2ブログ

I Love 我家の癒シニア犬

ラブラドールのベルは2016年に16歳5ヶ月でお空に引越し  ブログを引き継いで 今は ヨーキー わらびの あんな事やこんな事

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ゴールデンウィーク後 の 少し前の話

同居の次女一家は チワワ1頭 と 保護猫4匹がいるのですが 現在は川崎に在宅

 

ゴールデンウィーク終了の翌日 次女の婿殿から 滅多にない電話がありました


話と言うのは 次女が過日 左中指の怪我をしたのですが それが悪化して

指が真っすぐにならず 痛みも酷くなって 病院で診察の結果 オペをする事となり 

ついては 入院をする様に言われたので ヘルプをお願い出来ませんか? とのこと



彼は  生憎 4月末から6月に掛けて出張中で不在‥

そうなると 入院で留守中の ワン・ニャンズ の お世話が どうしても必要ですものね

彼いわく 娘からは 「母が心配するから 連絡は入れないで‥」 と言われていたそう



それでも 勿論 それを聞いてジッとしている訳にはいかない私 

すぐに フットワークの軽い夫(笑) に 話して 慌ただしく着替えをバッグに突っ込み

当然ながら わらびも連れて 川崎に向かいました 



7 時間を掛けて 結局 到着は夜になったのですが  着いてみれば

なんと 当の次女は 入院は出来ません‥と 医師に伝え家に戻っておりました

当然 私が知るところなのは娘には内緒でしたから ビックリしたのは当の本人

とにもかくにも 少しでも補助が出来ればとの思いでした



自宅では 同居とは言っても 彼女達の住まいは2階で 別所帯

わらびにとっては いずれにしても よその家  ・・・・・・

家族の お局さまの チワワのイクラちゃん始め

IMG_6541.jpg

なかなかの お姉と悪ガキの ニャンズ揃い

IMG_6609.jpg


勿論 娘宅のワン・ニャンズに会うのは初めてではないのですが 

多少の気遣いはあったのではないかと 


ベランダで 一番の新猫 景虎に 遊ぼうよと誘われたのですが 

[広告]


どう 接していいのか分からない感じのわらびでした



ところが その後から 何故か 景虎君のみにご執心となり

ワンワン吠えては 彼のみを追いかけ回すこととなり  

彼は 窓にあるベッドに逃げたりしておりました 

IMG_6558.jpg




住まいがマンションだけに  私としては 非常に気を遣うところでございましたが

みんなに鬱陶しいがられつつも 

IMG_6544.jpg

みんなの我慢で? 喧嘩になることもなく 

IMG_6557.jpg
      
わらびは こんな感じで くつろいでもおりましたっけ 



 
マンション内の敷地を ぐるっと一回りすれば チビワンには十分なお散歩

IMG_6509.jpg

毎朝  散歩2 こ~んな感じでお散歩しておりました


お助けマンとして娘宅に行ったものの 少しは娘の役に立ったかなぁ~

自宅での日々から解放されて 私の方が 逆に気分転換出来たかも


本当は 抜糸まで居たかったのですが 抜糸の日は3週間も向こうで

夫の都合もあって 結局は1 週間程度のお助けマンでした


娘の抜糸は終わったものの 日々の生活では やはり重い物を持ったりと

ムリしなければいけない事も多く 治りはイマイチとか 

抜糸時に 担当医に 「再手術をしなければいけなくなるよ」 と

お叱りを受けたそうな  

医師は 患者を治す事が使命  娘は生活上色々な状況もありで

娘は 医師の言葉に 少々お怒りですが


とは申せ  なによりも 娘の指が 早く復活します様に  319554.gif
スポンサーサイト



| わらび&娘宅ワンニャン達 | 16:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |