I Love 我家の癒シニア犬

少々太めのラブラドール いや デブラドール & 新入り ヨーキーとの 凸凹コンビの あんな事やこんな事

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素敵なプレゼント ♪

ベルが 虹の橋を渡って7週目の 区切りの49日

今日を境に 家から離れ 本当にお空に還っていくと言う日................




昨日 思わぬ大きなプレゼントが届きました


送り主は  ・・・

過日 ベルの古着のハニカム胴着を貰って下さった ファルコンママさんでした 



見て下さいな!  このビッグサイズのガムを  

ビッグガム☆

チビワン わらびのガムと比べたら 何十倍?で済むかしら




お部屋の何処かで ベルが見てたら

ベルも きっと 「ギョギョギョッ 」 って顔をしてるでしょうね 



ちなみに わらびが傍に寄ったら   こ~んな感じ! 

IMG_1401.jpg

わらびが ま~るくなって寝たら きっと ガムの方が大きいと思いますよ 



それとね  思いも掛けない と~~~っても嬉しいプレゼントが まだありました




座っている私の所に 何を思ったか

ベルが自発的?に 私に抱かさってくれた14歳の夏の写真です

ずっしり重い体を抱きしめて 余りの嬉しさに    思わず 傍にいた孫に 

「早く 撮って 撮ってーーーーー 」 って 撮ってもらった写真です


  ♪目と目で通じ合う~‥♪

あれ以来 この写真をズーっと スマホの待ち受け画面にしているのですが

この写真を ファルコンママさんに お見せしましたら     




なんと!   この写真をもとに プロの方に絵を描いて頂き
( ちなみに 本人よりもずっと若く そして 美人に描いて頂きました ‥笑 )

彼女が 素敵なメッセージまで入れて 送って下さったんです

(大きくなるので クリックして下さいね)
キャプチャ

このメッセージに 又も泣けてしまった私です



 素晴らしい宝物  が またまた増えました 


凹んでいるだろう私が元気になれる色で‥と 

IMG_1403.jpg

それに ベルにちなんで “BELL” まで 付けて下さった 手作りのリース

IMG_1411.jpg



ファルコンママさん 本当に 本当に有難うございました


                 頑張ります

スポンサーサイト

| ベル | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は “ 5なのか(35日) ”   ※最後に大事な追記があります※

IMG_1253.jpg




ベルが生前   余り歩けなくなった頃には カートを ・・・

           汚れた時の洗い替えにと ハニカム胴着を ・・・

           寝たきりになったら  担架にもなる ハニカムマットを ・・・ と


一度もお会いした事がないブロ友さんの皆様が 親切に貸して下さったり

「ボロボロになるまで使って下さい」 と仰って頂き 有難く頂戴したり  


心優しい 皆様のお心遣いに どれ程 有難く 嬉しく思ったことでしょう        




そして  

今度はベルのハニカム胴着を どなたか 必要とされている方に

是非ぜひ 使って頂きたいと考えていました




嬉しい事に ベルのそれを是非に ‥ と 希望される方が見つかりまして
 
早速 お送りさせて頂きました 


彼はもうすぐ14歳になる ラブラドールの男の子

ベルよりも重く 43㌔あるそうで それなら 《L寸》 に バッチリ    




すると 早速  ハニカム胴着を着た彼の写真と動画を送って下さいました

IMG_1260.jpg

[広告] VPS


どうか どうか 介護される ファルコンママさんも楽が出来ます様に!

そして ファルコン君も 楽しい毎日が過ごせます様に!

アンヨの痛いのが マシになりますように!


きっと ベルが守ってくれると信じています

ファルコン君 頑張ってね~~~~~ 




と 言う事で 

これからは 今まで以上に前を向いて頑張ろうと思います


とは言うものの 

IMG_5888.jpg

IMG_1024.jpg


こうした 写真を見ると 直ぐに後戻りをしてしまうのですが

無理をしない程度に 頑張りまっす




そんなこんなで  いつまでも ベルに固執していては

わらび君の出番が なかなか有りませんので 

これからは 徐々に 彼を 主演の方向にもっていかなければ ‥‥‥

などと 思っております

  

もうチョッとだけ わらび君 ............................. 堪忍やで



※ 追記です ※

どなたか使って頂けますなら 是非活用して頂きたいものがあります

それは 

 ① ドギーキャリーハーネス

ドギーキャリーハーネス

 ② ケアリフト

ケアリフト


③ ライフジャケット  (L寸)

大型犬用 ライフジャケット


( ※ いずれも大型犬用です )

上記の用品を もしも どなたか 必要と仰る方がいらっしゃるのでしたら

喜んで送らせて頂きたいと思っています 


どうぞ 遠慮はなさらずに ご連絡頂きたいのです

これらを活用され 少しでも愛犬と双方の負担が軽くなればと願っています

| ベル | 05:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は・・・

ブルーのシャボン&Bell


1月19日 ..............................

ベル 初めての月命日です




もぅ  1ヶ月   .............................

それとも   まだ 1ヶ月 ? 



ベルが大好きだったので いつも まとめ買いをしていた牛乳やヨーグルト ・・・

とうに期限も過ぎていたのに 手つかずのままの各数個が 

さわる事なく 冷蔵庫に入ったまま ずっと残っていました ...................................  


それらを 数日前に ようやく処分をしました




それでも

最近はベルに向かって  私の元気な顔を見せる事が出来る様になりました




けれど、ベルの写真をジッと見たり 

相手が夫であれ 娘であれ 他の誰とでも思い出話を始めると  どうしても まだ     





そこで 

一昨年 同じく愛する仔を天国に送った ブログ 《羊の国のラブラドール》 に

掲載されていた 詩を お借りし 貼付させて頂きたいと思います




・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・ 

《犬の遺言状》

愛犬との別れは「死」がもたらしたと思う?
彼女(彼)はただあなたのハートの側で眠っているだけ。
そして起きたときには精いっぱい尻尾を振って
喜びを表現するから、心がいっぱい揺さぶられるよね。
そして涙が止まらなくなるよね。
うれしそうに尻尾を振る愛犬の姿を想いだして
涙しない人なんていないからね。

そしたら愛犬はきっとこう言ってくれる。
"ママちゃん、ハートのすぐそばの温かい場所をありがとう!お気に入りよ~。"


そうして犬時間が過ぎていって眠る時間がどんどん長くなっていく。
人間もそうだと思うんだけど、年を重ねるとあちこち痛くなったり、早く疲れちゃったり・・・。
でも、ずーっとずーっと良い子でいたからこれからはちょっと休ませてあげないとね。
長く眠らせてあげないとね

くれぐれも言いますけど、犬との別れは「死」じゃないですよ。
あなたのハートの側で寝てるだけ。
これからも、起きてきては尻尾を振って、あなたの心を思いっきり揺さぶる。
・・・って、すごく愛犬らしいと思いません?

忘れないでね。
ハートの側で眠っている犬がいるなんて特別なことなんだから!


・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・




ですよね~      

    
         頑張れ、私    

| ベル | 07:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日で “ 4なのか (28日) ”

リビングの どこも かしこも ........................................................................


ベルだらけ .....................................





今は 一時的に仏壇になっている ここは勿論 ・・・

IMG_1235.jpg



いつか ベルの居場所になるかも知れない サイドボード上 も・・・


IMG_1233.jpg



そして 壁にも


IMG_1239.jpg




なのに ついつい 

写真立て

こんな メモリアルフォトスタンド まで 購入 しちゃいました 


いま、この時点になっても ベルグッズは まだまだ増える予感あり 

| ベル | 15:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♡ 今年も宜しくお願い致します ♡

ベルが ガールフレンドのはなちゃんと 虹の橋を渡った あの日から

早くも “3 なのか (21日)” と なりました



本当なら 「 今日で 16歳半です!」 と 言えた筈の日‥



gousei.jpg



松の内もギリギリの 新年からのお話としては なんですが

愛犬家の皆様には 既にご存知の方もおられるかも知れませんけれど 

虹の橋の入り口近くにあると言う‥ 

             《雨降り地区》 のお話をさせて下さい 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこでは いつもシトシトと冷たい雨が降り、動物たちは寒さに震え
     悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残してきてしまった誰かさん
     特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしない内に、暖かい日差しの中に駆け出して
    仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます
   ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも‥。

でも、1年経っても 2年経っても、ずっと 《雨降り地区》 から
     出て行かない子達もいるのです。

地上に遺してきてしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
   とてもじゃないけど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上にいる誰かさんと同じ辛い思いをして 同じ苦しみに凍えているのです。


       死はすべてを奪い去ってしまうものではありません
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は あなたの心から
             永遠に消え去る事はないのです。

地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた思い出こそが 
          『虹の橋』 を創り上げているのです。

    ですからどうか、別れの悲しみに囚われないで下さい
彼らはあなたを幸せにするために、神様からつかわされたのです
     そして、何よりも大事なことを 伝えにやってきたのです
            命のはかなさと愛しさを。

    束の間のぬくもりに感じる、慈悲の心の尊さを
   その短い生涯の全てを以て 教えてくれるのです
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません 

           
                思い出して下さい
動物達が残していってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を
    それでも悲しくなったら、目を閉じてみて下さい
    『虹の橋』にいる、彼らの姿が見えるはずです
   信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





ベルと はなちゃんのふたりも

先にお空に引っ越した 沢山のお友達の先輩ワンコらと一緒に

天国で 楽しく遊び回ったり
        健康で喜びに満ち溢れた幸せの中で過ごせるように 

                 

         ままも 頑張るぞぉ~っ    

| ベル | 06:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT